野分

.

 .

 今朝の天気予報、とくに「台風情報」について、写真の様な知らせがありました。子どもの頃に、大きな被害をもたらせた「伊勢湾台風」がありましたし、青函連絡船が転覆した、大遭難事故も引き起こしたこともありました。一昨年の19号台風は、家内と私がお借りしていた家の床上浸水で、避難したり、引っ越しをしなくてはなりませんでした。

 そういえば今日は、「立春」から数えて「二百十日(にひゃくとおか)」にあたり、台風の多い日と言われてきています。それで今日の台風予報を検索してみたわけです。台風が発生するフィリピン海域の付近には、それらしい兆候は見られなく穏やかな様子なのです。

 この「台風」という呼び方は、1956年(昭和31年)から始まったそうで、もともとは、「野分(のわき)」と言われていたそうです。私たちが古文で学んだ「枕草子」に、その記述があります。実際に被害にあったり、新聞記事などを読んだ私たちには、「台風」の方が猛烈さを感じさせられてしまいます。

 去年は台風が、日本列島を直撃する件数は少なかったのですが、本年は、9月に入ったばかりですが、ちょっと心配でなりません。とくに、「戻り梅雨」で、熱海の土石流事故や九州から西日本にかけての暴雨があったので、なおのことです。

 17歳の時に、湯河原に海で海水浴をしていた時に、台風で遊泳禁止の中を泳いでいて、潮の引きが強くて、岸に戻れないで死にそうになったことがありました。『もうダメだ!』と思った時に、フワッと岸に押し戻す波がきて、それに乗せられて難を逃れたことがありました。あの時の死の恐怖をいまだに覚えています。

 それでも毎年平均、11個の台風が日本列島をかすめたり、上陸しています。地球の温暖化が進むに従って、風の強さも雨の量も年々強まっているのを感じます。問題児のことを「豆台風」などと言っている内はいいのですが、竜巻の様に家族を巻き込んだりしてしまうと、そんな悠長なことは言っておられません。

 それにしても、気温が19℃には驚かされています。長袖のシャツを引っ張り出してきてしまいました。真夏に、こんな日があったら良いのですが。また暑さはぶり返すのでしょう。お元気でお過ごしください。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください