五十歩百歩

.

.
この表は、2010年の国別の「農薬」使用量です。農地1ヘクタール当たりの使用量は、東アジアの中国、韓国、日本が上位三国なのです。日本の厚労省は、厳しく規制しているものだと思っていましたから、大変驚いてしまいました。

華南の街の学校で、日本語を教えていました時に、「日本語弁論大会」が、毎年行われていて、審査員として出席していました。そこに、“ CASIO "などの日本企業の総経理の方なども同席していました。

審査がすんで、懇親会が行われていた時に、ある企業の駐在員と話をしていました。その時に、彼がこんなことを話されていました。西ドイツは、中国に駐在員を送る前に、水や空気や食物など、多方面にわたって現地調査を行っていて、それから派遣に踏み切るのだそうです。羨ましそうに、そう言っておいででした。

ところが、調査をしてみますと、西ドイツの定めた適正基準に対して、何一つ合格がなかったのだそうです。その上で、駐在員を送り込まなければならないので、生活のための諸注意をして送り出すのだと、言っていまた。日本の場合は、そんなことをする企業は皆無なのかも知れませんが、西ドイツの徹底さに驚かされたのです。

それで私たちは、華南の地での生活に、水道水には、浄水器を取り付け、野菜や果物、肉や魚などを、「重曹」などの農薬除去に優れている物を使うことにしていました。ある方たちは、空気清浄機を室内においていらっしゃいました。

今年の一月に、帰国した私たちは、農薬使用で安全国の日本で、生活を始めたわけです。苺生産量日本一のこちらで、時季のーl苺や苺大福などを頂いたり、買ったりしている間に、次の様なニュースを聞いたのです。『台湾は、日本の苺を輸入禁止にしている!』と言うものでした。価格が高すぎるのかと思ったのですが、そうではなく、苺生産に用いる農薬の濃度が、台湾よりも〈200倍〉も高いからなのだそうです。

今季も、苺が出回り始めた様です。美味しそうに、テカテカして真っ赤に熟した早生の苺が、すでにスーパーの店頭に並び始めました。そのことを知らなかったら、勢いよく手を伸ばして買いたいところですが、苺生産農家のみなさんには悪いのですが、やめてしまいました。

〈美味しい〉、〈安全〉なはずが、そうでなさそうなのは、実に残念です。我が国の基準の緩さに、今更驚いています。私は、中国への偏見を、今、悔いているのです。我が国の安全性を考えると、五十歩百歩で、裁いたり、誇ったりできないからです。今や、これまで裁いていた私は、『御免なさい!』の思いでいっぱいなのです。

私の恩師の友人が、ヴェトナム戦争の折に、飛行機のパイロットとして〈枯葉剤〉を散布したことがあって、戦争終結後、たいへん慚愧(ざんき)の思いで苦しんでいました。ジャングルの葉を枯らすだけではなく、枯葉剤に汚染されたお母さんが、多くの奇形の子を産んだからです。

その同じ薬剤が、無制限に〈除草剤〉として使われているのが、今の日本の現実です。とっぷり薬剤に侵されている私たちの世代はともかく、これから成長期にある子どもたちは、その汚染や薬害から守りたいものです。

輸入小麦粉を使っていないパンや乾麺を探して、〈日本産小麦粉〉と明示されている物を食べようとしているのですが、この表を見てしまうと、『害から守られますように!』と願って食す以外にないのかなと思うこと仕切りです。

悪ものから、自己防衛をしなければならないのは、仮想敵国ではなく、口から侵入してくる敵なのでしょう。大変な時代に生きているのを感じてしまう、もう間も無くの師走、雨の日が続く初冬です。

.

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください