不器用さ

.
.

[角川映画]に、「最後の忠臣蔵」があります。池宮彰一郎原作の映画化で、2010年に封切りになり、大きな反響を呼びました。次の様な内容の映画です。

—————————————————————-

世の中を騒がせた赤穂浪士の討入りから16年。大石内蔵助以下四十七士全員の切腹で、事件は幕を下ろしたはずだった。

しかし、四十七士には、一人だけ生き残りがいた。討入りの真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助するという使命を大石内蔵助に与えられた、寺坂吉右衛門だ。

諸国に散った遺族を捜し歩き、ようやく最後の一人に辿り着いた吉右衛門は、京で行われる四十六士の十七回忌法要に参列すべく、内蔵助の又従兄弟の進藤長保の屋敷へと向かう。

旅の途中、吉右衛門は、かつての無二の友を見かけて驚く。討入りの前日に逃亡した瀬尾孫左衛門、言わばもう一人の生き残りだ。

早くに妻を亡くして子もなく、内蔵助に奉公することだけが生き甲斐だった男が、忠義のために喜んで死のうと誓いあった吉右衛門に一言もなく消えた理由は、未だにわからない。

孫左衛門は名前を変え、世間から身を隠して生きていた。武士の身分を捨てて骨董を売買する商人となり、竹林の奥に佇む隠れ家で、可音という美しい少女に仕えて、ひっそりと暮らしている。

近隣に住むゆうは、16年前に孫左衛門が生まれて間もない可音を抱いて、この地にやって来て以来の付き合いだ。母親を亡くした可音を可愛がり、行儀作法から読み書き芸事まで、一分の隙もなく教えたゆうは昔、島原で全盛を極めた太夫だった。幕府から許された京の呉服司にして天下の豪商、茶屋四郎次郎に身請けされるが、今では孫左衛門と同じく、静かに暮らしている。だが、孫左衛門はそんなゆうにも、己の過去は一切語らなかった。

京では人形浄瑠璃が流行っている。なかでも人気を集めていた曾根崎心中の舞台が、可音に思わぬ運命をもたらす。

茶屋家の跡取り息子である修一郎が舞台を見に来た可音に一目惚れ、彼女がどこの誰かもわからない四郎次郎は、ゆうを介して壺を買った孫左衛門に商いの顔の広さで「謎の姫御料を探してくれ」と頼んだのだ。

孫左衛門は迷っていた。茶屋家は可音を嫁がせるには、またとない名家。しかし、ならば可音の出自の秘密を明かさねばならない。さらに肝心の可音は「孫左と一緒に暮らしたい」と大粒の涙をこぼして孫左衛門を困らせる。

浅野内匠頭の墓に参った孫左衛門は、元赤穂の家臣たちに見つかり、「おめおめと生きておったか」と罵られ、足蹴にされる。居合わせた吉右衛門は孫左衛門の家まで跡をつけ、16年ぶりに対峙する二人。が、「生き延びたわけは何か」と問い詰める吉右衛門に対し、孫左衛門は可音を隠すためなら、かつての友にさえ刀を向けるのだった。

思わぬ吉右衛門の来訪をきっかけに、討入り前夜の記憶が、昨日のことのように孫左衛門の胸に去来する。彼もまた、内蔵助から使命を与えられていた。元赤穂の旧臣たちにも内密に、まもなく生まれる隠し子を守ってほしい──。それが、孫左衛門がたった一人で背負い続けた、重き使命だった。

吉右衛門から報告を受けた長保は、一連の出来事からすべてを見通す。世は移り変わり、今では内蔵助は主君の汚名をそそいだ武士の鑑といわれ、名誉を回復していた。

元赤穂の武士たちにとって、内蔵助の忘れ形見は宝物のような存在だ。己の立場を自覚した可音は、亡き父のため、孫左衛門の使命のため、嫁ぐ覚悟を決める。孫左衛門の胸に去来するのは、喜びと安堵と哀しみが入り混じった複雑な思い・・・・・・。

別れの日が、やって来た。可音は孫左衛門のために自ら縫った着物を贈り、「幼き時のように、抱いてほしい」と願う。孫左衛門は腕の中ではらはらと涙を流す可音に、「最後に笑ってくだされ」と頼む。二人は互いの笑顔を心に焼き付けるように、じっと見つめ合うのだった。

出立の刻限となり、孫左衛門が付き添う質素な駕籠が道を行く。大勢のお供も豪華な輿入れもない、寂しい行列だ。だが、夕暮れが深まる頃、松明を持った吉右衛門と、荷運びの華やかな行列が可音を迎える。続いて紋付羽織袴の元赤穂の家臣たちが現れる。

次々と、お供を願い出て、次々と──。

遂に孫左衛門の使命は果たされた。しかし、彼には最後にまだ、なすべきことが残っていた──。 [角川映画社]

—————————————————————–

主君と家来、主君と主君の忘形見、武士と商人、男と女、家と廓、責務や使命、過去と今、生と死などを織りなす物語です。封建社会の柵(しがらみ)の中で、武士がどう生きて死ぬか、しかも足軽の様な身分の低い男・孫左が、主君に殉じて、使命を果たし終えた夜、死んで行く終章、その死は、私には重過ぎてしまいます。

戦時下に、銃後の父や母や弟や妹や恋人を守ろうとして、死を選んで志願した特攻隊兵士に、若き心を震わされた私が、自他の命の重さを、母や恩師に教えられて、思いを改めて、生き直したのも事実です。劇中、武士道に則って、自らの命を断つ、孫左の生き方、死に方に、再び心が揺さぶられてしまいます。

もちろん、日本人の好きな仇討ち、忠誠心、滅私奉公などが物語の全体にあるのですが、主君に託された使命を全うする孫左の律儀さ、本物の武士の在り方など、もちろん小説上の技法ですが、それでも生き方の下手さにも共感してしまいます。

一方では、『まあいいか!』で、今度は自分の人生を生き直して欲しかったと、思ってしまうのです。それでは小説や映画にはなりませんね。いつも思うのですが、まるで日本人の精神や在り方の一部に組み込まれてしまっている三百年も前の出来事、「忠臣蔵」が繰り返し話題になる年の瀬に近づいていて、今の平和な時代を生きることができて、幸せだとも感じるのです。

孫左の様な不器用な男が、私は好きで仕方がないのですが、主君の忘れ形見の嫁入り後に、彼が封建社会の柵から逃れ出て、失ったものを取り戻して、己の人生を、一人の男として生き直して欲しかったなと、つくづく思ってしまいます。

.

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください