すみません

.

Mimosa pudica, a creeping annual or perennial herb of the pea family

.
 個性的に生きるよりも、周りのみんなと仲良く生きていきたい日本人が、もっともよく使う言葉があります。『すみません!』です。相手に対しての謝罪の気持ちを表す言葉で使いますし、敬語でもあります。何かをお願いする時にも、ありがとうの思いを込めて感謝する時にも、また家を訪ねた玄関で、玄関に人を呼ぶために、そう言ったりして使っています。

 その語源は「済む」の打ち消しで「ぬ」をつけたもので、丁寧語の『すみません』と言ったりします。でも一番は、事を済ませなかったので、し終わらないことの「謝罪」で使うのです。だいぶ卑下した言葉でもあります。

 社会生活をする上で、この一言を言うか言わないかによって、世間の目は全く違ったものになります。言われた方は、それを聞いて、『すまないと思ってるなら、まあいいか!』と言う気持ちにされて、不問にふしたり、『次からは気をつけてね!』と言ってくれるのです。

 病院の待合室で、看護師さんが、『お待たせしました!』と言いましたら、40ほどの患者が、『すまねえじゃあねえよ、こんなに待たせて!』と、正直な思いを口にしていました。そう言うことが多いからでしょうか、診察前の医師の最初の言葉は、『長らくお待たせしてすみません!』を、『如何でしたか?』を言うよりも、会うなりに言ってます。きっと、そう言う様な話し合いがあっての取り決めなのでしょう。

 ところが、その一言を言わないばかりに、仲間外れにされたり、はたまたは〈村八分〉にあったり、先程の怒れる男の様な目にあいます。ペコペコするのが嫌いな私は、〈事実としての《理由》を言って、へんに詫びないのです。それで謝罪のない人は、人に嫌われてしまいます。

 日本人は、三十の息子の不始末を、親が人々の前で謝罪します。有名な女優の息子が、犯罪に手を染めた時に、マスコミの前で謝罪していたのを見聞きしました。また学校の教師が社会的な犯罪をした後も、校長が、マスコミに前に身を晒して、『すみませんでした!』と、よく言っています。企業犯罪の場合もも同じです。

 それは、世間やマスコミを納得させるために、どうしても必要だとされる一言です。でも、それっておかしいのではないでしょうか。知事や市長になれる年齢なのに、本人の代わりの様にしての謝罪を、母親がするのはおかしいのです。母親の一言に「涙」が添えられるなら、『まあいいか!』を世間から生み出せるのです。

 お隣の韓国など、東アジアでは、どこでもありそうなことですが、島国日本では傑出して多いのです。欧米諸国では、〈個人責任〉で事を収めています。

 〈任命責任〉が問われることがあります。自分の派閥の議員が汚職をしたり、反社会的な行為をしたり、世間を騒がせた時に、派閥の長に求められる〈謝罪〉です。でも、会社の上司が謝罪して、4、5人の会社の幹部が横になって、九十度頭を下げて、『申し訳ありませんでした!』と頭を下げている光景はよく目にしますが、国政の派閥の長がするのは見たことがありません。大人扱いをしてるのでしょうか。

 『あれは、もう大人なのですから、あれに聞いてください!』と言う、成長した社会に、日本がなるのは難しいのでしょうか。少なくとも選挙権を与えられた年齢以降は、個人で謝罪をし、事を収めたらよいのでしょう。折しも、オリンピック委員会の会長が、昨日の女性蔑視の発言に、〈すみませんでした〉をしたと、ニュースが伝えています。それで、辞任は解消になるのです。撤回を即座に受け入れてしまう寛容(?)な社会だからです。

(オジギソウです)

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください