ニッポン

image

「ニッポン」と言う名の国、そこを舞台に長く営みを積み重ねてきた「ニッポン人」、創意と工夫と改良で作り上げてきた「ニッポン文化」、これらを総称して、「日本」と言います。中国からは「倭」、ヨーロッパからは「ジパング」と呼ばれ、「黄金の国」だと思われてきたようです。

南北に細長い列島で、亜寒帯から亜熱帯の気候をようし、海産物に恵まれて、魚や貝やコンブに養われて、米飯と野菜と味噌醤油の粗食で、穏やかな民族が形成されました。先住者がいて、そこに南方や大陸からの移住者がやって来て、「ニッポン人」になったのです。様々な影響を受け入れ、それを作っては改善し工夫して、ニポン文化を作り上げてきました。

しかし、「武士道」の故にでしょうか、独特に好戦的な民であったりもしました。狭く痩せた土地からの脱出を目論んで、隣国に活路を見出し、その野心を糾弾されると、南方に石油を求め、欧米のような植民地主義に倣って、失敗しました。敗戦で、侵略者の汚名を着せられ、焼土の中で途方に暮れていたのですが、決して諦めませんでした。朝鮮戦争とヴェトナム戦争の<戦争特需>で、工業化を進め、世界の近代工業国としての地位を築きました。

世界に類い稀なる「平和憲法」によって、平和主義者に変えられ、模範のような民主主義国家を形作ってきました。今や、規律正しいニッポン人、『ありがとう!』と『すみません!』と言う謙虚なニッポン人、清潔と整頓の好きなニッポン人、努力と勤勉なニッポン人などと、高く国民性や民度を評価されています。のぼせることなく、さらに謙虚になって、次の世代、その次の世代に、これまで培ってきたニッポンと言う国を、生活圏として生きて行ける様に残しておきたいものです。

桜や蝉の声や紅葉や木枯らし、四季折々の野菜や果物ー大根や小松菜やカブや茗荷ー柿や桃や栗やアケビ、山や丘や草原や川や湖、炬燵や襖や障子や敷居や畳、お風呂や浴衣やスダレや打ち水、尺玉や仕掛けや線香花火、童謡や唱歌や民謡や演歌、万葉集や奥の細道や坊ちゃん、天丼やうな丼や蕎麦やラーメン、ステーキやハンバーグやナポリタンや豚汁、きんつばや金太郎飴や煎餅やそばがき、作り受け継いできた物は多種多様です。美味しかったり、綺麗だったり、『ホッ!』として懐かしかったりしてきたのです。

このニッポンのある一つの星である地球が、ずっとずっと永らえますように。放射能汚染も地震も津波も、食糧も子育ても医療も、天賦の才能を駆使して、問題解決に当たって行けると信じています。強さを誇らず、弱さも認め、明るく平和な明日のニッポンのために望みを高く持とう、そう決心している、室温32度、酷暑の2014年の華南の夏の盛りであります。アッ、納豆と沢庵と塩辛を忘れていました。

(写真は、”伊那市周辺の食事メモー”から、佐渡の民宿の「朝食」です)

カテゴリー: 日記 パーマリンク

2 Responses to ニッポン

  1. N.Serina のコメント:

    こんにちは。
    こちらのブログを拝見して、もしかしたら私と両親が連絡を取りたかった方なのではと思いコメントさせて頂きました。
    もしそうでしたら、名前でお分かりかと思うのですが…
    24年前に、両親と当時お腹にいた私でお世話になりました。
    もし間違いでなければ、お返事いただけますか?
    一方的で、簡単な文章になってしまい申し訳ありません。
    私達がずっと想っていた方だと嬉しいです。

    • jimmy のコメント:

      芹奈さん
      うわー、ここにアクセスしてくださったんですね。
      留学されると聞き、その後のことをお聞きしないままでした。
      お元気そうですね。
      毎年毎年、私たちを訪ねてくれた新津さんご家族のことを、時々思い出して、
      家内と話したりしています。
      ご両親様はお元気でしょうか。
      私も家内も元気でいます。
      中国にいて、大学で日本語を教えて、講演などして過ごしています。
      家内も中学生から社会人の方々に、家で日本語を教えています。
      四人の子どもたちもそれぞれ、元気にしています。
      くれぐれもお父様とお母様に、元気にしているとお伝えください。
      こちらは、gmailが停止されていますので、
      下記のアドレスにご返信ください。
      jimmyjunya@hotmail.com
      今は、夏季休暇中です。
      今夏は、帰国しないことにしました。
      とても暑い日、日中は37度、空調なしの室温は32度もあります。
      お元気でお過ごしください。
      こんな懐かしい読者がいて、とても嬉しいです。
      おやすみなさい。 加藤純也&隆子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください