銀漢

.

.

   「中秋月」  蘇軾

暮雲収盡溢清寒
銀漢無聲轉玉盤
此生此夜不長好
明月明年何處看

「日本語の読み]
暮雲収め尽くして清寒溢れ
銀漢声無く玉盤を転ず
此の生、此の夜、長くは好からず
明月、明年、何れの処にて看ん

[意訳]
日暮れ方、雲がなくなり、さわやかな涼気が満ち、
銀河には玉の盆のような明月が香もなくのぼる。
この楽しい人生、この楽しい夜も永久に続くわけではない。
この明月を、来年はどこで眺めることだろう。

 この詩は、中国宋代の詩人、蘇軾の作です。この人は、蘇東坡とも呼ばれていて、「唐宋八大家」の一人に数えられています。22歳で弟の蘇轍と共に「科挙(官僚登用試験/日本の国家公務員試験に似ていますが、蘇軾の時は、3人だけの合格でした)」に合格したほど優秀でした。

 国政の混乱の中、二度も左遷させられる様な憂き目にあった人でもありました。そんな事態を生き抜くことができる、天性の楽天的なものの考え方のできた人だったそうです。だから、後代に、詩を多く残せたのでしょう。

 「天の川」を、銀河というのは知っていましたが、「銀漢」と呼ぶのを知ったのは、葉室麟が書き表した、「風の峠〜銀漢の賦〜」を読んだ時でした。地の上のやかましい人の声とは真反対に、中秋の名月も天空に広がる銀漢も、語りかける声もなく煌いているだけなのです。

 そんな静けさの中に、蘇軾は生きていたかったのかも知れません。現代人だって、やかましい人の声を避け、思いの内に湧き上がってくる邪念を打ち払って、明鏡止水の心境に入りたいのかも知れません。秋の夜長は、そんな願いが一番相応しそうです。

 とは言うものの「食欲の秋」でもあります。美味しい「月餅」を、友人が華南の街から持ち帰って来てくださると約束して、帰って行かれました。手広くパン店を経営して、この時節の「月餅」の製造販売が、会社経営の大きな事業時期なのです。人に任した事業のテコ入れに戻って、辣腕を奮って、月餅の製造に拍車をかけたことでしょう。間もなくお仕事を終えて、日本に戻って来られるでしょう。その時、きっと銘菓をいただける、そんな楽しみが待っていそうです。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください