餃子



.
私たちが住んでいた華南、その街の警察病院の近くに、美味しい「餃子屋さんjiaozi」がありました。白菜やニンジンや青菜、牛肉や豚肉など、実に多くの種類の餃子があるのです。すりニンニクと醤油と酢でタレを作り、茹で汁がスープで、それで、食べていました。中国の東北地方では、特別に何かを食べる時は、家族がみんなで作った「餃子」を食べるのだそうです。ところが華南では、もともと餃子はメジャーな食べ物ではなく、近年になって食べる様になったのだそうです。

〈米食〉の南部、〈粉食(小麦粉)〉の北と言った分け方があって、地域色のある饂飩などの麺類を、華南の人たちは、よく食べているのです。ところが餃子の美味しさを知った華南の人たちが、工夫して美味しい餃子を作って店を出す様になっていきます。その美味しい餃子屋に連れて行ってもらって、私たちも度々行く様になったわけです。

今避難して住ませていただいてる倶楽部の近くに、「みんみん(珉珉)」と言う、宇都宮餃子の名店の支店があります。先週、ちょっと奮発して、家内を誘って行ってきました。戦後、中国東北の満州から引き上げてきたお母さんが、4人の子どもを育てながら、現地の中国人に作り方を学んで、帰国後の昭和33年に、宇都宮市宮島町で始めた餃子店だそうです。噂通り、美味しかったのです。二人で、焼き餃子二人前と水餃子とライスで790円でした。

実は、宇都宮市は、浜松市と競い合う〈餃子街〉なのだそうで、毎年王座をかけて、火花を散らしている様です。そこに、最近は京都市が加わって、三つ巴戦が繰り広げられているのだそうです。宇都宮は50万都市、一方浜松は80万都市で、都市規模の違いがありながら、宇都宮が健闘しているのです。

こう言った〈餃子戦争〉の争いは歓迎ですし、微笑ましいものです。浜松には友人が大勢居ますし、父母が新婚時代を過ごした京都にも思いがあり、わが県都・宇都宮に加勢しなければいけないのか、三者の間で悩んでしまっております。競争は、売り上げの皿数なのか、売上高なのかと言いますと、そうではなく、ちょっと難しい計算がある様です。小さな間口で始めた〈母ちゃん店〉の「みんみん」が、今では大きな企業となっているのです。

.

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください