東京にいます

.

 .

昨日、帰国以来、初めて二人揃って上京しました。迎えに来てくださった車に乗って、東北自動車道を東京に向けて走り、上り線でしたので渋滞もなく、友人夫妻とお嬢さんと一緒に、彼らの家に着くことができました。わざわざ彼の隣人所有の大きいバンの車を借りて迎えてくださったので、家内は横になれての上京でした。

 華南の街で手広くパン製造をしている夫妻で、今は、息子さんがその街の会社で働き、時々、夫人が行き来をしながらお仕事をしているのです。彼は、日本に支社を立て上げていて、そこを拠点に、新しい事業展開の準備中で、半加工品を中国などに向けて輸出しようとしているそうです。ネットで進学の学びもしている最中です。

 彼は、私たちと出会う少し前に、お父さまを亡くされ、お母さまは、私たちと会った時に病気されていて、ふるさとと彼の家を行き来して治療をされていました。家内と仲良しで、一緒にいてくれるのを、お母さまは喜んでいましたが、先年亡くなられたのです。

 海辺の実家で、彼の家族が所属する街の教会の牧師さんを迎えて、お母さまの葬儀がなされ、式中に私もお話しさせていただき、東シナ海の見える丘にある墓地に埋葬されたのです。その大きな墓地に、ことある時には、家内と私の遺骨を埋葬してくださると約束してくれるほどでした。

 彼の工場では、聖書研究会があって、私たちを迎えてくださって従業員のみなさんと一緒に過ごしたのです。その街にいた時には、よくお世話いただき、日本式面包mianbao(パン)を運んでくれました。母と父のように慕ってくれての今回のお迎えでした。

 5日の滞在予定ですが、『10日はいてください!』と言われて、長期滞在を薦められています。三階建の、三階に住むようにも誘われております。その情の深さは、親族家族のようです。

 その街は、家内が、中学生まで住んでいたことがあって、様変わりした街を車で走りながら、『西武池袋線の踏切の近くで、『ここに◯◯商店があったわ!』と、家内が感慨深げに言っていました。まさに、ここは、家内の「ふるさと」なので、出会いも回顧も、人生の不思議さを感じているようです。素敵な年の暮れです。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください