親切

.

.
「都道府県 魅力度ランキング」と言うものがあるそうです。この10月17日に発表されたランキングは、北海道、京都、東京の順で、魅力度が高いのですが、それに反して、低い県が、北関東に集中しているのが、気になります。茨城、佐賀、群馬、徳島、栃木、埼玉が、低魅力県の順位だそうです。

「市の魅力度」ですと、函館、札幌、京都、小樽の順で高く、下位ランキングは見つけることができませんでした。でも諺に、《住めば都》がありまして、私たち夫婦にとって、今年四月に県民になった「栃木県」は、大好きな県になっています。

昨日、通院日で、滞在しています宿舎からタクシーで、宝積寺駅まで行き、宇都宮線で石橋駅に行き、そこからタクシーで、獨協医科大学病院に行ったのです。治療を終えて帰りは、病院発のバスで、石橋駅に行き、そこから宇都宮駅で、黒磯行きに乗り換えました。

宇都宮駅で、私よりも少し髪の毛の薄い男性に、『黒磯駅行きは何番線ですか?』と聞きますと、一瞬迷った素振りを見せて、『私について来てください!』と言って、ホームまで連れて行ってくれたではありませんか。働き盛りの忙しい世代の男性の親切に感動したのです。

前々回、宇都宮線を利用した時に、小山駅で、女子高生に乗り換え法を聞いたら、教えてくれました。それで私が教えられた通りに、小山駅のホームで待っていると、そのホームまで駆け足でやって来て、私を見つけて、『宇都宮で8番線に乗ってくださいね!」と、わざわざ追い掛けて来て、教えてくれたのです。

いやー、〈田舎モン〉の私たちに、栃木県民は実に親切なのです。昨日、ホームで待っていて、ベンチに隣に初老の男女が座っていて、会話が始まりました。ご婦人が、〈福祉タクシー券〉を手にされていて、『これ、助かるんです!』と言って見せてくれました。栃木に住んでいると言ったら、『頂けるから、問い合わせてみてください!』と、親切に勧めてくれました。

空気もいいし、夕焼けも綺麗だし、野菜や果物も美味しいし、人もいい、まさに《四拍子》が揃った県の《優点》です。昔住んでいた県は、なかなか受け入れられない気難しさがありましたが、ここ栃木県人は、関東平野の広さが、人の心も広くさせるのでしょうか。ちょっと引っ込み思案かなと思いますが、優しいのです。病んだ家内には、身に染みている様です。

ちなみに、茨城県人に若い友人がいますが、素敵なご夫婦で、いつも親切に接していてくれます。この被災時に、お手伝いにきてくれ、翌日に朝まで食べられた「お手製焼きそば」やお寿司を差し入れしてくれた方が、茨城県人です。涸沼(ひぬま)のシジミが、私は大好きです。

(栃木県の県木「栃の木」の花です)
.

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください