同級生

.

.
子育て中の頃、同じ街で、一時期を共に過ごした、私たちと同じ6人家族の奥方から、写真が送られてきました。彼は、街中の “ YMCA ” で英語を教えながら、私はスーパーマーケットの床清掃事業をし、家族を養いながら、〈私塾〉で一緒に学んだ〈同級生〉です。

三人とも孫を持つ〈ジイジ〉になって、まあ孫自慢の写真でしょうか。それで、私も〈写真庫〉から探し出してメールの添付して送信したところです。彼は、アメリカの名門大学を卒業していて、飛切り頭脳明晰でした。瞬く間に日本語を覚えてしまいました。小さなメモを常に携行して、それに書き込みながら学んでいました。

お父上も、有名な大学の教授でしたから、親の良い遺伝子を受け継いでいたのでしょう。私は40点、彼はほぼ満点の試験成績で、私の刀の大和魂では太刀打ちできない、アメリカン魂の機関銃の優等生でした。ちょうど事務所の建設をしている頃で、京都からやってき来た、もう一組の夫婦も、後から加わって同級生でした。

短気な私、優秀な彼、穏やかな福井県人で、揉まれ揉みながら、しばらくの間、共に過ごしたのです。懐かしい方たちです。この二人は、私から忍耐を学んだのでしょうか、素敵な家庭を築き上げて、孫に目を細めている今です。『病中の百合さんを見舞いに行きたい!』と電話がありましたが、通院の間隔が短くて、お招きする手をこまねいてる間、共に過ごした地の名産の〈白桃〉とお見舞いを送ってくださったのです。

助け合いながら、研ぎ合いながらの年月が懐かしくて仕方がありません。アメリカからの彼はギターが上手で、奥方は、〈スズキ・メソッド〉のバイオリンの名手でした。法螺しか吹けない私と違って、情緒的にも落ち着いたみんなの中で、『浮いていたかな?』の私です。孫たちはみんな、この世の嵐の中で只今、〈工事中〉なのでしょう。どことなくジイジとバアバに、どこか似ていて、面影がある、マゴたちです。

正しい価値観を身につけて、この世に染みてしまわずに、まっすぐに育っていってほしいと願う、台風20号が熱帯低気圧に変わり、大雨を降らせている昼過ぎです。(22日記)

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください