mentor

.
.

 私には、mentor  (日本語で「師匠」と訳すのが一番好きです)がいました。この方の好物は、コーヒーでした。しかも高級品種の《ブルーマウンテン》だったのです。彼といるときには、必ず私の分もミルで挽いて淹れてくれました。生活が安定してきたら、ブレンドや特売品でなく、『俺も、《ブルーマウンテン》を、いつか飲もう!』、これが夢で、今日まで生きてきました。

 8年間、一緒にいて、様々なことを教えていただき、その後、この方が、神奈川や京都、札幌などに移られてからも、訪ねたり、招かれたり、交わり会に共に集って、相談相手になってくださった方です。どう妻を愛するかも教えられたのです。

 アメリカのジョージア州の出身で、ジョージア工科大学を出て、空軍のパイロットをされていた経歴をお持ちでした。テキサス州から、日本宣教に出かけた方と出会って、彼も献身して、日本宣教を志し、二十代で来日されたのです。

 日本語が上手で、日本語で教理や神学を、聖書から教えてくれました。九つ違いで、今日「勤労感謝の日( Thanks giving day )」は、この方の誕生日でした。病を得て、67歳で主の元に帰っていかれました。お元気でしたら、86歳になっておられるのです。

 いつでしたか、turkey を手に入れられたとかで、grill して、お裾分けをしていただいて、食べたことがありました。それ以来、華南の街の Subway で、sandwich に入ったものは食べたことがありましたが、あの味が忘れられなくて、『今度!』と言っているうちに時が流れてしまいました。

.
.

 この方が、街中の burger shop で、美味しそうに hamburg を食べてるのを何度か見かけたことがありました。家内もそうだったので、けっこう頻繁に通っておられたのでしょう。まさに American taste ですから、異国で奉仕してる間の束の間、祖国の味を、ホッとしながら楽しんでいたのでしょうか。apple pie も好きでした。

 田舎の大きな電気屋さんの息子だったそうで、大学から帰省すると、お父さんは、地下の冷蔵庫に行って、吊るされている牛肉を、knife で切って、steak にしてくれたと、唾を飲み込みながら、そのお話を聞いたのを思い出します。日本で住んでいた借家は、弟さんと二人の遊び部屋の方がはるかに広かった、とも言っていました。

 大きな犠牲を払いながら、日本人に仕えてくださったのです。2年に一度帰って行かれ、support  してくれている諸教会を訪問し、宣教報告をしておいででした。この方の弟さんは、家内の姉と結婚していたので、姻戚関係でした。

 雲間から秋の日が輝き出てきて、あたりが明るくなってきました。今日は、老人会の遠足で、誘われて、山の奥のお蕎麦屋さんに行くのだそうです。カタクリや名水で有名な地なのです。お小遣いやオヤツは、いくら持っていったらいいのか、と思案中です。

 .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください