ノアの日の如く

.

.

 この数年、ことのほか気象異常が甚だしいのです。帰国する前年、中国の華南、私たちの住んだ省の西部でも、大雨による洪水に見舞われ、甚大な被害がありました。友人たちは、被災地に入って、井戸の消毒などの奉仕に当たっていました。

 一昨年あたりからは、アジア圏だけでなく、アメリカでもカナダでも、ヨーロッパ諸国でも、洪水や大嵐や山火事などの被害が伝えられていて、本年は世界大の異常現象を甚だしく見せています。

 聖書に次の様に記されてあります。

 『人の子が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。洪水前の日々は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らはわからなかったのです。人の子が来るのも、そのとおりです。(マタイ243739節)』

 気象用語の〈線状降水帯〉を、天気予報の中で聞くと、『まるで40日四十夜も雨の降ったノアの日の様だ!』と表現したいほどの、現象に思えてなりません。その「ノアの日」は、原語ですと複数形の ” days "ですから「日々」のことになります。洪水が起こるまでの日々も、水が引いた直後の日々も含まれていることになります。

 ところが人々は、飲んだり、食べたり、娶ったり、嫁いだりして、厳粛さを感じていないかの様でしたから、この時代と同じです。起こっている異常現象を厳粛に捉えていないのです。

 「人の子」とは、イエス・キリストを言っています。母も、私を育ててくれた宣教師のみなさんも、「キリストの再臨」を待ち望んでいましたが、それを迎えることなく、地上の生涯を終えて、神のみ元に帰って行きました。

 今朝も滋賀で地震があったと、ニュースが知らせていました。地震の頻発、民族の対立、戦争の噂など、「人の子」が来られる直前の様子に当てはまります。その備えはおできでしょうか。これは脅しではなく、備えをする様に、歴史の支配者である神さまが勧告していらっしゃるのです。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください