違い

.
.

 二度読みしていたましたら、可笑しくて吹き出してしまいましたので、ここに掲出してみます。テレビがありませんので、観ることはないのですが、日本テレビの番組の「笑点」で取り上げられたものです。

 身につまされると言ったらいいのでしょうか、共感してるというのでしょうか、ここに取り上げている二つの年齢の後半になっていますので、わが身のあの日と明日、いえ今日の日の違いを、こんなふうに捉えて笑わせるのは、だれも傷つかないのでいいものです。

 新宿の伊勢丹のそばに、「末廣亭」があって、寄席囃子に誘われて何度も入ったことがありました。江戸の笑いを今日に伝え、何があっても、微笑んでか、ニヤニヤ笑ってか、生きてきた日本人の楽しみだったのでしょう。 ちっと毒があって、人を吹き出させるのでしょう。

 2000万人ほどいると言われている「糖尿病」の仲間入りをしてしまって、体重減に散歩に励み、甘いものを避けながら生活しているのですが、偏差値を気にした覚えはないのですが、血糖値が気になっているこの頃です。

 弟から、『多少は冷やした水羊羹など問題ないと思いますが!』と言ってきてくれています。《ご褒美》が好きなので、つい、体重減に成功し、主治医に『この数値で糖尿病でしょうかね!』と言われて、その気になると油断してしまいそうで、気を張っています。張り過ぎると、プツンといきそうで、それもまた〈注意注意〉のこの頃です。

 ちなみに、アラカン(嵐寛寿郎)は、77才で、脳血栓で倒れて亡くなっています。「鞍馬天狗」は当たり役でしたが、晩年にも映画出演をしていました。父の世代の映画俳優を思い出してしまいました。
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください