nostalgia

.

.
 富田薫の作詞、草川信の作曲の「汽車ポッポ」が懐かしく思い出されます。

きしゃきしゃ ぽっぽぽっぽ
しゅっぽしゅっぽ しゅぽっぽ
ぼくらを のせて
しゅっぽしゅっぽ しゅっぽっぽ
スピード スピード まどのそと
はたけも とぶとぶ いえもとぶ
はしれ はしれ はしれ
てっきょうだ てっきょうだ たのしいな

きしゃきしゃ ぽっぽぽっぽ
しゅっぽしゅっぽ しゅぽっぽ
きてきを ならし
しゅっぽしゅっぽ しゅっぽっぽ
ゆかいだ ゆかいだ いいながめ
のはらだ はやしだ ほらやまだ
はしれ はしれ はしれ
トンネルだ トンネルだ うれしいな

きしゃきしゃ ぽっぽぽっぽ
しゅっぽしゅっぽ しゅぽっぽ
けむりを はいて
しゅっぽしゅっぽ しゅっぽっぽ
ゆこうよ ゆこうよ どこまでも
あかるい きぼうが まっている
はしれ はしれ はしれ
がんばって がんばって はしれよ

" nostalgia"、郷愁と訳したらいいのでしょうか。新幹線が世界的になり、リニアも間も無くお目見えする時代になっていますが、地方の鉄道路線で、蒸気機関車が走っています。東武日光線と鬼怒川線の分岐駅の「下今市駅」に、蒸気機関車が煙を吐いて、週末の観光運行の準備をしていました。

 この駅に、駅弁の「大樹」が売られているのです。なんとなく懐かしさを呼び起こしてくれるのですが、帰りしな、それを買おうとしてプアラットホームの「賣店(ばいてん)」に行きましたら、蒸気機関車が走る日に売っていて、平日の昨日はなかったのです。前回、家内が美味しそうに買って食べていたので、今回は、二人前を買って、旅気分を味わおうとしたのですが、ちょっとガッカリでした。

 『次回には、予約してください!』と言われて、電話番号を教えてくれました。売り子さんの方が恐縮して、電車の窓の外から、走りゆく私たちに頭を下げて見送ってくれました。「駅弁」これも、ノスタルジーを呼び起こしてくれるのです。先日は知人が、横川駅の駅弁の釜飯をいただいて、家のテーブルの上で食べたのですが、美味しかったのですが、駅弁は、蒸気機関車の煤や煙の中で食べるのが最高なのです。

 駅弁に、土瓶に入ったお茶、そして氷みかんは、懐かしい昭和の味わいです。けっきょく「笹寿司」を買って、家に持ち帰って、同じテーブルの上で広げたのです。花より団子、汽車より駅弁で美味しかった!

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください