.

.
 今日は、次男の夫人のお父様の「葬儀」に参列のために、船橋に行ってきました。67歳だそうで、まだまだ生きていて戴きたかった方でした。やはり人が召されるのは寂しいものです。42年連れ添われて奥様にとっては、急なお別れだったそうで、ただ、お力落としのなきようにとだけしか、言えませんでした。

 家に帰って来て、久し振りの遠出で疲れたのか、ゴロッと畳の上に横になってしまいました。最近はスニーカーで出歩くのですが、今日は革靴を履いて外出しましたら、三度の乗り換えで、改札へ走って入ったり、それで、帰り道に足がつってしまったのです。こんなことは、これまでなかったのですが、自転車は乗るのですが、脚力が弱くなってしまった様です。歩かないといけない様です。

 ゴロリから覚めたのは、足がつったからでした。高校の運動部以来のことでした。そうしましたら、昔流行っていた歌の歌詞が、思いの中に湧き上がってきたのです。作詞が福山たか子、作曲がフランシス座波の「別れの磯千鳥」が流行ったのが、1961年初頭でした。

逢うが別れの はじめとは
知らぬ私じゃ ないけれど
せつなく残る この思い
知っているのは 磯千鳥

泣いてくれるな そよ風よ
希望抱いた あの人に
晴れの笑顔が 何故悲し
沖のかもめの 涙声

希望の船よ ドラの音に
いとしあなたの 面影が
はるか彼方に 消えて行く
青い空には 黒けむり

 この歌は、恋の別れですが、この歌詞の最初の部分が、死別と重なって悲しいのです。人生は、出会いと惜別の物語なのでしょうか。父と死別した日は、入院中の父の退院の日でした。『準ちゃん、驚かないでね!』と、勤め先の学校に、母が電話をくれたのです。まさに、『孝行したい時に、親はなし!』で、愛してくれた父の死は悲しさでいっぱいでした。泣き通しで、病院に駆けつけました。

 自分が果たせなかった夢を、子に託すというのは、よくあることなのでしょう。私立中学に入学させられ、某大学を目指して学ぶ様にとの、父や担任からの期待を背に中学生になった私は、〈十四歳の危機〉を乗り越えられないで、親にも担任にも裏切りをしたのです。

 不肖の息子の私の結婚式が終わってから、通勤の小田急線の電車の急停車で、くも膜下出血を起こし、入院し、一度は退院したのですが、じっとしてられない性格で、近所のボヤで消化などを手伝ったのがよくなくて、再入院していて、その病院で亡くなったのです。その父の死を、嫁御のお父様が亡くなられて思い出したのです。

 お父様は、国税庁に勤めておられ、金丸信事務所のガサ入れに参加したそうです。マスコミが待ち受ける中、誰が最初に出ていくかを決める時、お父様が、最初に出て、マスコミのフラッシュを浴びたそうです。『ビデオ残ってますか?』とお聞きしたら、『探せませんでした!』と仰っていました。

 お父様は、温厚な方で、仕事熱心で、お二人のお嬢様を育て上げられた方です。二度、ご一緒に家内や次男夫婦で会食をしただけでした。私たちが、中国にいましたので、なかなか、お会いできなかったからです。ご遺族のお慰めを祈りながら、葬儀に出させて戴きました。魂の安らかならんことを願い、ご主人を送られた御奥様、お父様を送られたお嬢様方の家族の平安を願って、帰路につきました。やはり、「逢う」が、人とのお別れになるのですね。嫁御の瞳に涙が溢れていました。

(〈フリー素材〉の行く夏の風物誌に花火です)

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください