また咲いた!

.

.
 『空に、こんなにたくさんの重たい雨があるんだろうか?』と思ってしまうほど、雨降りが続いています。雨がなくては日本の農業は成り立ちませんが、降り過ぎて、桃や葡萄の生産農家は、悲鳴を上げています。『出荷がおぼつかないんです!』と、笛吹市の友人が知らせて来ました。止み間に収穫された桃が、先週、家内の妹から送られて来ました。『日照が少なくて、糖度が足りないんです!』と言っています。でも、とても甘くて、美味しく戴きました。

 きっと今頃の時期の雨を歌ったのでしょう、作詞が北原白秋、作曲が弘田龍太郎の「雨」がありました。

1 雨がふります 雨がふる
  遊びに行きたし 傘はなし
  紅緒(べにお)の木履(かっこ)も 
  緒が切れた

2 雨がふります 雨がふる
  いやでもお家で遊びましょう
  千代紙折りましょう 疊みましょう

3 雨がふります 雨がふる
  けんけん小雉子(こきじ)が今啼いた
  小雉子も寒かろ 寂しかろ

4 雨がふります 雨がふる
  お人形寢かせど まだ止まぬ
  お線香花火も みな焚(た)いた

5 雨がふります 雨がふる
  昼もふるふる 夜もふる
  雨がふります 雨がふる

 まさに、「・・・昼もふるふる 夜もふる」雨ですが、うんざりするのも感謝するのも同じですから、感謝することにしましょう。

 有名な「洪水物語」があります。40日、40夜、雨が降り続けたのです。方舟(はこぶね)に乗った8人の人を残して、全地は水で滅んだのです。アララト山の中腹に、方舟は漂着して、ノア夫妻と3人の息子夫妻が助かりました。すると「虹」が見えたのです。そして声がありました。

 『“それで、神はノアと、その息子たちを祝福して、彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地に満ちよ。””わたしが地の上に雲を起こすとき、虹が雲の中に現れる。わたしは、わたしとあなたがたとの間、およびすべて肉なる生き物との間の、わたしの契約を思い出すから、大水は、すべての肉なるものを滅ぼす大洪水とは決してならない。”』とです。

 この約束ゆえに、地球は洪水で、水没することはなさそうですが、中国大陸も日本も、この暴雨の中で、この約束を握って生きて行きたいものです。来週には、梅雨前線は、後退してくれそうです。燦燦と降り注ぐ真夏の陽を、一身に浴びたいものです!

そんな雨の中、” morning glory “ の朝顔が、また咲きました。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください