恩送り

.

.
この記事は、“ カラパイア ” の2017年3月5日に掲載された記事の転載です。

「恩送り」とは、かつて誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ることを意味する。人々のやさしさは伝播していき、世界はやさしくなれる。それが「ランダムアクトオブカインドネス」という考え方なのだが、そんな言葉を知らずとも、地道に自分が受けた恩を返し続けている人がいる。

 貧しかった少年時代、近所の人の好意に支えられ暮らすことができたというこの男性は、当時の恩を忘れることはなかった。

 中国の瀋陽市にて、貧しい子どもたちを学校に通わせてやりたい。そんな思いから30年間にわたって月給のほとんどを寄付している清掃員の男性が人々の注目を集めている。
 
 彼の物語はソーシャルメディアを通じ大勢の人に感銘を与え、彼の生き方を称える一方で、恩送りの素晴らしさを考える投稿も相次いだという。

月給のほとんどを30年間寄付

 中国の瀋陽市にて過去30年間、月給のほとんどを子どもたちの教育のために寄付している56歳の路上清掃員、Zhao Yongjiuさんのエピソードがネット上で話題となっている。

 この心優しい男性は、毎朝4時半に自宅を出て夜9時まで働いている。月給は日本円にしておよそ4万円。現地ではまともな暮らしがどうにかできるぐらいの額だが、彼は生活費をぎりぎりまで抑えている。
 
 そして残りのお金は “貧しい子どもが通学して正規の教育を受けられるように” と、全額寄付しているのだ。

 彼はこうした寄付を30年間続けており、これまでに寄付した総額はおよそ285万円で子ども37人分の学費に相当するという。

 だが男性はもっと子どもを支援をすべきだと考えており、自分の唯一の財産を売り払い、家賃およそ1万円のワンルームアパートに引っ越したりもしている。

近所の人たちの善意に支えられた少年時代

 Zhao Yongjiuさんが寄付を始めるようになったのは、子どものころの個人的な経験がきっかけだという。彼は1976年に15歳で父親を亡くし、それ以後は残された母と共に食べていくのも厳しい生活が続いたという。

 だが、近所の人々は何年にもわたってZhao Yongjiuさん一家の生活を助けた。彼らは自分たちのお金を出し合ってくれることもたびたびあったという。

 身近な人々の優しさに触れて感謝し、感銘を受けながら成長した彼は、人助けの人生を決意。子どもの頃に隣人たちから受けたたくさんの恩を次の世代である子どもたちに送ることにしたのだ。

恩送りを続ける真のヒーロー

 彼のエピソードは中国のソーシャルメディアにかなりの衝撃を与え、大勢の人が感動しそれぞれの思いをシェアした。

 そこには”彼のような人が大勢いればこの世界はもっと良くなるだろう”、”みんなが困っている人々に少しでも援助をすれば世の中は本当にずっと良くなるだろう”、というツイートもあった。またZhao Yongjiuさんを真のヒーローと呼ぶ人も声も上がっているという。

 自分が受けた恩を別の誰かに送る恩送り。それはもちろん金銭的な援助に限ったことではない。すべての人が困っている誰かにささやかな手助けができたなら、あらゆる人が精神的な豊かさを持つ世の中になるはずだ。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

こう言った善意は、瀋陽の街で、この竿さんがしているように、世界中の街でもなされている、「《隣人愛》なのでしょう。父の青年期、この街で一時期過ごしています。この隣町の撫順から、天津で学んでいた大学の学生が、よく天津のアパートに来られ、数ヶ月一緒に生活をしました。そんなことを思い出しています。

(ザオさんの仕事中の姿です)
.

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください