御翼の陰

.

.

♯ なが瞳のように守り 死ぬことのないように  

御翼の陰に われをかくまいたまえ ♭

 昨晩、想いに中に、ずっと繰り返されていた chorus  でした。聖書のみことばに、melody をつけたものです。

 『私を、ひとみのように見守り、御翼の陰に私をかくまってください。(詩篇178節)』

 これは、旧約の聖徒、ダビデの祈り、賛美です。どんな堡塁も、砦も、人の作ったものの中に、自分は守られないことを知っていたダビデは、万物を創造し、保って、支配しておられる神、主なる神が自分を守ってくださることを確信していました。その絶対的な信頼を、そう告白したのです

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください