未熟さ

.
.

 まだ青いミニトマト、しかも最後に、枝に繋がる実りです。まだ自分が青かった、未熟な頃のことを思い出して、苦笑いと、恥入っている私です。陽の光を受けて、実が赤くなっていくのですが、降り注がれた恵みが溢れて、ひとりの人となります。実際、成熟したのだろうかと、この歳になっていぶかるのは変でしょうか。

 聖書を読み始めて、自責の念に駆られ、恥ずかしさでいっぱいだった私が、罪を赦され、義を愛し、隣人を愛し、誠実に生きるように促してくれた聖句があります。

 『あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。(エペソ289節)」

 パウロが、エペソの教会の人たちに、『人は行いで救われるのではなく、ただ神の恵みのよるのであってイエスを信じる信仰によるのです!』と語ったのです。なかなか行いを正せない私に、「行い」は、後からついてくるのだ、ということが信じられて、その思いから解放されたのです。

 ですから悟ったのでも、修行したのでもありません。根拠は、幼い私に手を引いて、神の臨済する教会に教会に連れて行ってくれた母の《主への熱心》と《子への愛》によります。母は、四人の子を引き連れて、日曜日になると教会に行っていたのです。母が、自分の産んだ子にできる最善が、食事の用意や洗濯や掃除だけではなく、《礼拝出席》でした。

 「罪を赦してくださる神」と出会うようにしてくれたのです。やがて実際に神と人格的に出会ったのです。「三で一つの神」が、十字架で、私の生まれながらの、自ら犯した罪の身代わりに死んでくださったということが、突然理解されたのです。「聖霊なる神」が、この私に降り注がれて、突然、異言が口から突いて出ました。

 アフリカへ行く途中、羽田空港に降り立った、ニューヨークの神学校の教師が、私の母教会でもった夜の特別集会で、この方が、私の頭に手を置いた時でした。経験した者でなければ感じることにできない出来事でした。瞬間、十字架の贖罪が、自分のためだと示され、罪深さを悔い改める涙が溢れ出たのです。理性がありました、何かに憑かれたような体験ではなかったからです。

 『さて、エルサレムにいる使徒たちは、サマリヤの人々が神のことばを受け入れたと聞いて、ペテロとヨハネを彼らのところへ遣わした。ふたりは下って行って、人々が聖霊を受けるように祈った。彼らは主イエスの御名によってバプテスマを受けていただけで、聖霊がまだだれにも下っておられなかったからである。ふたりが彼らの上に手を置くと、彼らは聖霊を受けた。(使徒81417節)』

 聖書に記された、それと同じ経験でした。思ってもみなかった土地での生活が始まって、そろそろ3年になろうとしています。静かな単純な日々の中で、思い返すことが多くなってきています。歳のせいから、季節のせいか、コロナのせいか、今までになかった日を送る中でのよい時です。気温が低くなり、かなかな蝉が鳴き始めています。さて、このミニトマトは食べられるでしょうか。食べられたら、家内と半分づつにしようかな、の秋です。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください