隣人

.

.
私の愛読書に、『あなたの隣人をあなた自身の様に愛せよ!』とあります。この写真は、コロナ禍で、必要のある人のために、ご自分の家の前の空きスペースに、台を置き、食べ物をおいて、自由に持っていける様に、愛の配慮が示されています。不特定多数の人に、そう言った愛への招きをしているのです。他者の困窮を看過ごすことができない人が示している「隣人愛」です。

持つ人、健康な人、恵まれている人が、今、さまざまに困難に見舞われている他者を、今持っている物で、ほんの少しの愛を示すことによって、困難な事態が快復するからです。快復されたら、次に困難に直面している人を助けて、愛が連鎖して行くのです。

マズローという人は、人間には、感情的な必要があると言いました。学問的には、「所属と愛の欲求」と言うそうです。つまり、「愛する欲求」と「愛される欲求」が、人にはあって、それが満たされる必要があります。今の小さく、わずかな愛が、人の不足を補うなら、何時か愛に欠乏した時に、愛や善意を得ることができるのです。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください